カジノで50ペソが23000ペソ(460倍・約5万円)になった昨日のこと

たまに細かいチップをポケットに入れたまま忘れて家に帰ることがあるのですが、50ペソがズボンのポケットにあったので、バイイン(チップを購入)する前に少し運試しとクラップスでサイドベットしたことが昨日の物語の始まりでした。舞台はソレアカジノ、昨日の私自身の話です。

バイイン額が5000ペソであれ10万ペソであれ、負けた結果残りが1000ペソ以下の細かいチップになってしまうと、ほぼ復活のチャンスはなくなります。そこで夢を見るのが倍率の大きいベッティングができるゲームでの復活です。

そんなときにトライするのは大小(Sic Bo)かクラップス(Craps)。普段はカードゲームばかりですが、何の因果かこういうときは賽の目に賭けています。とくに大小は1万ペソ~数万ペソ負けている時に、100ペソづつ10ヶ所程度60倍のダブルダイス&シングルダイス(661、332など3つのうち2ゾロの組み合わせ)に賭けて、そこで6000ペソゲット、他のテーブルに移って復活を遂げる、という経験は何度もあります。今回は50ペソぽっちですので、大小ではまさにイチかバチか以下の勝負になってしまいますので、クラップスのサイドベット。

クラップス(Craps)

2つのダイスの目にかけるクラップス、賭けたのは、それぞれ25ペソづつ、ハードシックス(3ゾロ合計6の目)とハードエイト(4ゾロ合計8の目)、共に当たると9倍のサイドベットですが、イージーシックス(2・4、1・5などゾロ目ではない合計6)やハードエイト(3、5、2・6などゾロ目ではない合計8)、あるいはセブンアウト(合計7の目が出てゲームに決着がつくこと)などが出ない限りは、何度もチャンスがあるので、起死回生を図る際にはなかなかおもしろいベッティングです。なかなか当たらないですけどね。
そんな中、初回にハードシックスが出て225ペソの配当。ハードシックス、ハードエイトに賭けている25ペソ、25ペソはそのままに続行、ツイているときは何度も来たりして、気分的にはオートマチックにチップが増えていくこともあるゲームですが、次のシュートであっさりセブンアウト。
しばらく様子を見た後、イージーテンでオン(初回のシュートで4・6の目が出て勝ち目が合計10に決定すること。)が出た次に、ハードテンに25ペソベット、ハードシックスが出てしまいはずした後、セブンアウトで負け。ここで勝っていればミニマム300ペソの通常のベッティングでプレイできたのですが、残りの200ペソを持ってテーブル移動。

50ペソ→(Max275ペソ)→200ペソ

200ペソという小さい金額を手堅く増やすには、マネーウィールの1倍配当にベットするか、ブラックジャックやバカラ、カジノウォーなどでライド(他のプレイヤーの手に相乗りさせてもらう。ミニマム以下でも可)するということが考えられます。特にバカラ、カジノウォーではプレイヤーのアクションで損をすることがないので、アリなのですが、勝っても元手2倍にしかならないので、増やすためには連勝しつづけなければいけません。そこでまたイチかバチか以下の勝負になりますが、選んだのはブラックジャックのエニーペアベット、2枚のカードが同じ数字だと11倍配当のベッティングです。

ブラックジャック(Black Jack)

4ハンドでプレイしているテーブルをしばらく様子見。ペアが出ない回が数回続き、一人のプレイヤーが自らの2ハンドのみのエニーペアにベットしたため、空いている残り2つのハンドのエニーペアにそれぞれ100ペソづつベット。見事1つペアをゲット。次は様子見とベットしないで見ていたら、また空いた2つのハンドにペアが出現。後ろ髪ひかれつつ、他のテーブルに移動。

200ペソ→1,200ペソ


カジノウォー(Casino War)

ミニマム300ペソ、いざとなったらライドで100ペソなどで刻んでプレイできるカジノウォーで手堅く増やすことを志向。様子を見ていた3ハンドはディーラーAで全員負け、このタイミングで300ペソでジョイン、4ハンドにした結果、全員勝利。5勝2敗ぐらいのペースで300~500ペソ程度のベッティングをこなし、4500ペソまで増やすも、さらにプレイヤーが加わりハンドが変わり、ゲームの流れも変わったところで、テーブル移動。
カジノウォーはシンプルなゲームなだけに増えるのも減るのも劇的に早いので、ちょっと目が変わったなと感じたら、ベッティングを減らすか止めるのが吉。

1,200ペソ→(Max4,500ペソ)→3,000ペソ


ブラックジャック、ポンツーン(Black Jack / Pontoon)

まずはブラックジャック、初回にハンド900ペソ、エニーペア100ペソベット、見事ペアをゲットし、ハンドは引き分け、幸先の良いスタートを切るも、一進一退、ポンツーン、ブラックジャックのテーブルを変えながら、流れの良いテーブルを探すも、なかなか5000ペソのラインを超えないじれったい展開に集中力が切れて少し減らして終了。

3,000ペソ→(Max5,500ペソ)→2,500ペソ


カリビアンスタッドポーカー(Caribbean Stud Poker)

数日前にロイヤルフラッシュのジャックポット600万ペソが誰かによって取られてしまいジャックポット金額は100万ペソ以下のピットながら、そういうときに限ってジャックポットを獲ってしまいがちな強運?を持つ私、勿論90万ペソでもうれしいので、トライするかとスタッドポーカー。初回3のスモールペアも勝負に入り、ディーラーの手がエースキングでクオリファイ、幸先の良いスタート。2回フォールド負けが続くも、ディーラーには手が入っており、こちらに手が入ってディーラーに負けるといったことが無かったため、少し良い予感。ベットはアンティ(Ante)500ペソ、ベット1000ペソをキープし、ペア10、ペアAなどディーラーの手がブタでアンティのみ勝利というのも織り交ぜつつも、ブタでも勝負して勝ち取ったりと流れが良い。しばらくプレイしたところでストレートが入り、ディーラークオリファイ、4倍配当を勝ち取る。その後一進一退が続いた後、1枚違いのロイヤルフラッシュで悔しい思いをしたりしつつ、フラッシュが入る。フラッシュはプログレッシブジャックポット対象の手で2500ペソゲットするも、ディーラーがブタでクオリファイせず、5000ペソ配当を逃す。悔しいものの気分はいい。勝ちかフォールド負けが続くかぎりはプレイと方針を決め、細かく勝ちを拾い続け、増やしたところで、ペアAで勝負に出て、ディーラーがツーペア、負けたところで手仕舞い。

2,500ペソ→(Max14,800ペソ)→13,300ペソ

ブラックジャック系ゲームもポーカー系ゲームもある一定のラインで蓋が閉じているかのようにマックスのラインを超えられない一進一退が続き、あせってベットアップしたところでツキが悪くなり、やられるということも多いですね。ブラックジャック系ゲームのタチの悪いところは、勝ち負けイーブンのところで負けたら帰ろうと決心した時に限って、ディーラー6のスプリットチャンス、ダブルダウンチャンスの誘い水が入るも、そこでがっつり想定外の金額をやられるということがあることです。つい先日もスプリット後さらにペアが出て3ハンドになったところで総負けを食らい、結果全ての勝ちが水の泡となり
これだったらバカラで負けたほうがマシと思ったことを思い出し、バカラに勝負の場を移すことを決意。


スーパーシックス(Super6/ノンコミッションバカラ)第1戦

最初のほうにプレイヤーの長ツラがある以外は、ジャンピング(プレイヤーとバンカーが交互に勝っている状態)と、バンカー、プレイヤーの3ツラばかりが並ぶ比較的わかりやすいきれいな罫線のテーブルでプレイ。基本流れに逆らわず価値を重ねながら、プレイヤーの長ツラを期待し、小さくテスト→はずしを2回。プレイヤーの3ツラがサイド出現、ベットしないで見ていたところ、プレイヤーWIN、さらに2回プレイヤーのツラが続き、ベットしていなかったことに後悔しつつ、席を離れる。

13,500ペソ→(Max 23,300ペソ)→21,300ペソ


スロットマシン

ここで大きく膨らませるには、スロットマシンのジャックポット狙い。3000ペソ入れたところで、フリーゲームに入るも、3000ペソに戻すのみ、2つ隣の席で下から2番目のジャックポット8000ペソ強が出るも、こちらは1回フリーゲームで1000ペソ程度出る以外は増えることなく、終了。

21,300ペソ→18,300ペソ


スーパーシックス(Super6/ノンコミッションバカラ)第2戦

次に座ったのは、テーブルを開ける準備中のテーブル。ソレアでは最初6回ノーベットで結果を見るのですが、2回目がタイ(引き分け)以外、全てプレイヤーの長ツラ(フィリピンでは真っ直ぐの意味のデレッチョとも言う)。プレイヤー長ツラが何よりも大好物の私も少し懐疑しつつ、プレイヤーに5000ペソベット。プレイヤーナチュラル9WIN。2回目もプレイヤーベット、当初3000ペソに減らしていたものの、ピットボスに煽られて5000ペソ、あっさりバンカー7に負ける。再度プレイヤーにベット5000ペソで、タイ(引き分け)。3000ペソに減らして粘るも4回負け、バンカーの5ツラ、チャート的にはさらにバンカーといったところで、他のプレイヤーも大きく積んでいる。ここで弱気になってプレイヤーに小さく張ったり、張らなかったりすると、プレイヤーが来るという、よくあるパターンに入るのだけは勘弁と、全部負ける覚悟で11,300ペソオールイン。見事プレイヤー6、バンカー3で勝利。ここからは勝ったり負けたりしながらも悪くない雰囲気でプレイ。ただ体調が悪い中の外出ということで、ガールフレンドからショートメッセージの嵐。テンポよくプレイできなくなってきたので、あきらめてここで帰宅。荒波を乗り越え、勝ちが続いている限りは本来帰るべきではないのですが、ちょうど潮時だったと信じたいところです。

18,300ペソ→(Max26,300ペソ、Min11300ペソオールイン)→23,300ペソ


2,000ペソから90,000ペソという経験はあったものの、ここまで小さい金額から追加バイインなしで500倍近くまで増やしたのは、さすがに初めての経験です。こういうこともあるのがカジノ。あきらめず楽しみながら夢を追っていきたいですね。


 ブログランキングに参加中
 役に立ったかも!という方は
 ぜひ応援クリックお願いします
    ↓↓

 にほんブログ村 小遣いブログ 世界のカジノへ
 にほんブログ村

ガイド・アテンド承ります
プレイ金額に応じたポイントバックのある会員カードの作り方から、このカジノ固有のゲームルールの説明、ポイントを効率よく貯めたり、会員レベルのアップグレードするためのお手伝い、確率論、ジンクス含めた勝つため、楽しむためのアドバイスなど、カジノを最大限楽しんでいただくためのガイド・アテンド承っています。
1グループ1日(1~4名まで10時間程度まで)5000ペソです。ただ、お一人だったりちょっと覗きたいだけだと割高だと思います。空いているときは格安で承ることもあります。私のコンドミニアムへの宿泊、観光ガイドや夜のアテンドも対応可。まずはお問合せください。
お問合せは・・・ philcasinomanila@gmail.com

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
管理人:ハジメ
海外生活8年、フィリピン在住5年、もうすぐ40歳の日本人です。ポーカープレイヤー活動のかたわらガイドをしています。
夜遊び、観光等のフィリピンでのガイドご依頼、お待ちしてます。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
バナーエリア
ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ マニラ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピンナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
フィリピン パラダイス ランキング

おすすめリンク
マニラ アンヘレス プエルトガレラのホテル比較・まとめ 最安値

当ブログ全記事リスト
管理画面
最新記事
キーワード(タグ)

マニラカジノクラップスポーカーテキサスホールデムフィリピンゴーゴーバーEDZEN両替リゾーツワールドビキニ水着高級KTVジャンケットフィリピーナ美女ポーカー留学ポーカー修行スクール滞在TANABEグルメマラテエルミタテキーラ裏技レディースドリンク相場SOLAIREポンツーンソレアブラックジャックスーパー6バカラベルグランデシティオブドリームズ戦略プロ勝利リゾートワールドマニラRWMローリングチップアンヘレス音楽モカガールズ食事アフターマッサージ温泉ランドスペシャルスパ競馬夜遊びKTVハウスエッジ控除率ペア勝率プロモーションキャンペーンリゾートミンドロ島プエルトガレララスベガス映画クラブディスコナンパテクニックblackjackpontoon比較マキシマムリゾートワールドレートresortsworldミニマムヘリテージ日本食ライブMIDASマイダスポイントゴールドカード会員ハイアットウェンシャSUPER6ルールマニラベイリゾートソーシャルメディアFacebookアルゼmanilaダンサーブルーウェーブソフィテルパビリオン

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR