カジノクラップスのダークサイドピボットメソッド

カジノでの楽しみ方は人それぞれですが、正しいプレイ方法を知らなければ胴元カジノ側に圧倒的に有利となり必ず負けるギャンブルにはまりこんだり、せっかくのカジノを楽しめなかったりするのはとても残念なことです。

このブログを読んでくださっている皆さん全員が満足できるメソッドというのはありえませんが、カジノにおけるメソッドというものをひとつ紹介してみたいと思います。選択するゲームはクラップスで、負けのリスクを最小限に抑えながら、大きく勝つ可能性も追っていくという夢のような(笑)メソッドです。

もちろん必勝法というものは存在せず、このメソッドも必勝ではありませんが、このメソッドをベースにしてプレイヤーそれぞれの性格、目的などを加味して調整していくと面白いのではないかという、私の研究と経験から導いた”発想”です。苦笑いを噛み締めながら楽しんで読んでいただく類の記事と思っていただいてかまいません。



舞台となるカジノゲーム、クラップスとは


バカラやブラックジャック、ルーレットなどと比べてなじみが薄いと思いますが、クラップスは2つのサイコロの出目で勝負が決まるゲームで、ゲーム進行はとてもシンプルなのですぐに遊ぶことはできますが、さまざまな賭け方があるためプレイスタイルを固めていくのには多少時間がかかります。それが楽しい部分ともいえるでしょうか。

アジア圏のカジノでは圧倒的にバカラ人気ですが、ラスベガスではルーレットなどもしのぐ人気なのがクラップス、雰囲気もよくその場にいるプレイヤー全員で盛り上がれるクラップスは覚えておくといいゲームのひとつです。

参考リンク:
・Wikipediaクラップス https://ja.wikipedia.org/wiki/クラップス
・ラスベガス大全クラップス http://www.lvtaizen.com/casino/craps/index.html

勝ち続ける時は1時間以上何もしなくてもチップが増え続けることもある夢のあるゲームで、自分でサイコロを振って自力で勝利を勝ち取る魅力もありながら、勝ち馬に乗り、噛ませ犬の逆に張るといったギャンブルの真髄が潜むゲームだと思っています。

ブラックジャックを超えるハウスエッジ(カジノの利益控除率)

カジノで最も控除率が低いといわれるベーシックストラテジーでプレイするブラックジャックのハウスエッジ(カジノの利益控除率・ハウスアドバンテージとも呼ばれる)0.4%をさらに下回るハウスエッジで楽しむことができます。テキサスホールデムポーカーのリングなど例外を除けば、あらゆるカジノゲームの中でカジノの儲けが一番少ないゲームといえます。

細かい説明は省略しますが、多くのプレイヤーが選択するパスを期待値最適のフルオッズ賭けでハウスエッジは0.374%、邪道とは扱われるものの最も期待値の高いドントパスのフルオッズ賭けでハウスエッジは0.273%です。

参考リンク:
・ベットごとのハウスエッジ一覧 (Wizard of Odds)
  http://wizardofodds.com/games/craps/appendix/2/
・フルオッズ賭けを組み合わせたベットのハウスエッジ(Wizard of Odds) ※Odds3-4-5とあるカジノがマニラのカジノと同等
  http://wizardofvegas.com/guides/craps-survey/

そもそもカジノゲームに必勝法は存在するのか

ブラックジャックにせよクラップスにせよ、必勝法の類というのは探してもほとんどが情報商材への誘導であり見つけ難いものです。必ず負ける遊び方というのはあるので、必敗法なりカジノが張り巡らせるお金を使わせる罠といったものはいくらでも解説できますが、必勝法というものは期待値的に考える限りは存在しません。

唯一の抜け穴ともいえるブラックジャックを代表とするカードカウンティング技術は、シャッフルマシンの導入やカジノによる出入り禁止等の措置で、そもそもそれで生活でしていくというのは無理という結論です。オカルト的アプローチに関しては、個人的には受け入れがたいものの、ひとつの楽しみ方としては存在していて結構なことだと思います。

テキサスホールデムポーカーや麻雀等、技術の要素が勝負に関係するゲーム以外では、必勝法を反証する類の記事を探して、そこから自分なりのプレイスタイルやお客さんにアドバイスするギャンブルの楽しみ方を検討しています。(現状、テキサスホールデムポーカー、ポットリミットオマハ以外のゲームは、ポーカーでたまるストレス解消目的のクラップス以外は、まったくといっていいほどしないですが・・・)

一般的なクラップスの楽しみ方の利点と欠点

大多数のクラップス愛好家は、PassやComeに賭けて、全員でホットロード(勝ち出目を決める第一投カムアウトロール以降、勝ち出目やポイントベットが出続け7が出ない負けなし状態)を望みます。この状態ではまさに何もしなくても勝手にチップがどんどん増えていきます。

Passベットのもっとも大きな利点は、勝ち出目を決めるカムアウトロールで7か11が出て勝ちが確定することの確率、期待値の高さです。カムアウトロールでの負けは2か3が出た時だけで、7と11が出る確率と比べると圧倒的に低いのです。カムアウトロール以降の期待値の低さ(7が出て負けてしまうリスク)はハウスエッジのないオッズベットで補う必要があります。

この一般的なクラップスの楽しみ方の欠点は、カムアウトロール以降すぐに7が出てしまうことの怖さと、少し調子がいい状態が続いてベットするポイントや金額が膨らんだところで7が出て一気にはしごをはずされるリスクです。

逆張りDon't側に賭ける利点と欠点

Don't passやDon't comeを中心にすえる邪道ともいえる戦術を選ぶ理由はズバリ、ハウスエッジ(カジノの儲けとなるルールの優位性、利益控除率)の低さです。

多くのラスベガスのカジノと同様、マニラのカジノでは、ハウスエッジのないオッズベットがPass側で3-4-5、Don’t側で6倍となり、このルール設定がDon’t側のPass側に対するエッジが有利となる理由です。Don't passの欠点は、カムアウトロールでの勝率の低さ(負け出目の7か11よりも勝ち出目の2、3のほうが出る確率が低い)です。

逆にカムアウトロールで7か11が出ないで乗り越えさえすれば、2投目以降勝つ可能性が非常に高いという点が大きな特徴で、勝負どころにメリハリが出るのが利点といえるでしょう。

この記事で発表するクラップスのダークサイドピボットメソッドは完全にオリジナルではなく、ベースとなるメソッドがあります。このベースとなるメソッドもその必勝法の反証記事で知りました。Don't come betting systemはダークサイドベットとも呼ばれるDon't passやDon't comeを中心にすえた戦術です。

このメソッドのベースとなったDon't come betting systemとは

Don't come betting systemにはいろいろなバリエーションがありますが、その代表的なプレイ方法は以下の通りとなります。
(シティオブドリームズマニラ、リゾートワールドのクラップスの最低ベット金額100ペソに合わせて書きます。)

1.Passに100ペソ、Don't Passに100ペソ賭ける
 (両方に賭けることができます。7か11が出ればPassが勝ち、Don'tが負け、2か3が出ればDontが勝ち、Passが負けるというブレイクイーブンとなります。なお12が出るとDon’t Passはプッシュなのですが、Passが負けとなるのでこの段階での唯一の負けリスクなります。)

2.カムアウトロール(1投目)でポイント目(4、5、6、8、9、10)が出た場合、Don't Pass側にオッズベットする。オッズベット金額はポイント目が6か8の場合120ペソ、5か9の場合150ペソ、4か10の場合200ペソとなります。同時に、Don't Comeに100ペソを賭けます。
 (こういう賭け方をすることで完全にリスクヘッジされ、2投目で7が出てもDon't ComeとPassの合計200が負けるものの、Don'tPassとオッズベットが勝ちとなり200ペソ配当となりオッズベットから100ペソを引いた金額が利益となります。ただし2投目でポイント目が連続して出ると、Passベットが勝利となり、Don' comeのベット分はDon't comeポイントに持ち越し(ポイント目が出る前に7が出れば勝ち、ポイント目が出れば負け)となるものの、Don't Passとオッズベット分が負けとなり、オッズベットから100ペソを引いた金額が負けとなります。また11が出るとDon't comeベット分100ペソが負けとなります。)

3.2投目で2、3、7、11、12、ポイント出目以外が出たら、オッズベットを引き上げる
 (ポイント目が出る前に7が出ればPassベット以外勝利となり、100ペソの利益となります。Don't comeポイント出目が出るとDon't comeポイントのベットは失います。


すなわち、1投目で12が出るリスク(2.78%)と、2投目でポイント目が連続してしまうリスク(7.72%)、11が出るリスク(5.56%)を乗り越えさえすれば、ポイント目が出る前に7が出れば勝ち、たとえ7より先にポイント目が出ても元手はトントンでDon't comeポイントの100ペソ分は持ち越しされるという圧倒的優位な勝負を繰り返し続けられることになります。


具体的な戦略を解説する本編を公開しました。

カジノクラップス ダークサイドピボットメソッド 本編




なお、文章で読んでいるとわかりにくいかもしれませんが、横について解説しながらであれば、意外と早く理解できます。ガイドの際にオリジナルのダークサイドピボットメソッドを実践する場合には、ガイド料の5000ペソとともに、クラップスを楽しむための軍資金を目安として1万ペソ~準備をされれば楽しめます。

カジノ・夜遊びガイド/ポーカーコーチ承ります
事前に値段が知れる安心、ちょっとしたコツ・楽しみ方を知ったうえで臨む、
効率よく充実したマニラ滞在をサポートします。ディープなフィリピンを楽しみつくしましょう!
通常料金は1グループ1日(1~3名まで10時間程度まで)5000ペソです。
お問合せは・・・ philcasinomanila@gmail.com

  フィリピンでのホテル宿泊予約なら、マニラ・アンヘレス・プエルトガレラのホテル比較・まとめ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
管理人:ハジメ
海外生活8年、フィリピン在住5年、もうすぐ40歳の日本人です。ポーカープレイヤー活動のかたわらガイドをしています。
夜遊び、観光等のフィリピンでのガイドご依頼、お待ちしてます。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
バナーエリア
ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ マニラ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピンナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
フィリピン パラダイス ランキング

おすすめリンク
マニラ アンヘレス プエルトガレラのホテル比較・まとめ 最安値

当ブログ全記事リスト
管理画面
最新記事
キーワード(タグ)

マニラカジノクラップスポーカーテキサスホールデムフィリピンゴーゴーバーEDZEN両替リゾーツワールドビキニ水着高級KTVジャンケットフィリピーナ美女ポーカー留学ポーカー修行スクール滞在TANABEグルメマラテエルミタテキーラ裏技レディースドリンク相場SOLAIREポンツーンソレアブラックジャックスーパー6バカラベルグランデシティオブドリームズ戦略プロ勝利リゾートワールドマニラRWMローリングチップアンヘレス音楽モカガールズ食事アフターマッサージ温泉ランドスペシャルスパ競馬夜遊びKTVハウスエッジ控除率ペア勝率プロモーションキャンペーンリゾートミンドロ島プエルトガレララスベガス映画クラブディスコナンパテクニックblackjackpontoon比較マキシマムリゾートワールドレートresortsworldミニマムヘリテージ日本食ライブMIDASマイダスポイントゴールドカード会員ハイアットウェンシャSUPER6ルールマニラベイリゾートソーシャルメディアFacebookアルゼmanilaダンサーブルーウェーブソフィテルパビリオン

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR