妖精が集うスポット マカティの秘境

日本語での情報はこのブログだけ、というローカル富裕層などが通う名店がマニラにはいくつかあります。ガイドの際の隠し玉としてブログには公開していなかったり、ぼかして書いていたりするものもありますが、以前に紹介したウクライナ人、ロシア人なども所属していたパサイのお店も閉店したことですし、もうひとつ日本語情報初出しネタを。

マカティはブルゴス通りからも近いジェネラルルナ通り(General Luna)とマカティアベニュー(Makati Avenue)の交差点を西(A. VenueやGramercy 71寄り)2軒目のお店、Tribu Diwata(トリブディワタ)。タガログ語で妖精窟といった意味合いの店名。

店内では夜10時ごろからと12時ごろからライブバンドによる演奏があり、リクエストなどにも応えてくれるライブレストランといった様相。お酒もビール100ペソ程度、おつまみは200~400ペソとカウボイーグリルなどと同等程度。

20151107_225900.jpg

このお店とほかのライブレストランの大きな違いは、ステージと逆側に、シースルーのカーテンで囲われたソファにずらりと女性がくつろいで座っており、そこからタイプの女性を選んで、お酒の相手をしてもらえること。料金は約900ペソ。女性相席のチャージ1時間が250ペソ程度、レディースドリンクが650ペソ程度です。レディースドリンクをオーダーしなくても、指名しなくてもヘルプがついてくれる日本人向けKTVとは異なりますが、フィリピン富裕層向けのお店というのはたいていこういった料金体系で、ドリンクは女の子のペースで追加オーダー、自身のお酒も洋酒ボトルをオーダーというのがスタンダードです。

なお、2階はVIP個室となっており、約3000ペソでフルーツやビールなどがセットになっており、カラオケなども楽しむことができます。フィリピンの有名ホテルチェーンのオーナーや、某商社の社長も遊びにきているのに遭遇しました。

ブルゴス界隈は、日本人向けKTVは数軒と限られていますが、ゴーゴーバー以外にも楽しめるスポットが点在しています。発掘には手間がかかりますが、ガイドを頼んでいただければ、すぐに核心に到達できます。いつもメインはマラテで、お持ち帰りはエドコンという方も、ブルゴス界隈にたまには足を伸ばしてみると楽しみの幅が広がりますよ。

カジノ・夜遊びガイド承ります
事前に値段が知れる安心、ちょっとしたコツ・楽しみ方を知ったうえで臨む、
効率よく充実したマニラ滞在をサポートします。ディープなフィリピンを楽しみつくしましょう!
1グループ1日(1~3名まで10時間程度まで)5000ペソです。
お問合せは・・・ philcasinomanila@gmail.com

  フィリピンでのホテル宿泊予約なら、マニラ・アンヘレス・プエルトガレラのホテル比較・まとめ
スポンサーサイト
プロフィール
管理人:ハジメ
海外生活8年、フィリピン在住5年、もうすぐ40歳の日本人です。ポーカープレイヤー活動のかたわらガイドをしています。
夜遊び、観光等のフィリピンでのガイドご依頼、お待ちしてます。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
バナーエリア
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
RSSリンクの表示
QRコード
QR