2019年版 マニラのポーカールーム情報まとめ

この半年ほどでマニラのポーカールームの状況が激変していますので、久しぶりに記事にまとめてみました。

大まかな状況としては、以前に比べて標準的なポーカープレイヤーが集まるステークスが上がって、ブラインド50/100(約100円/200円)が標準的なステークスとなっています。シティオブドリームズのポーカースターズマニラはオカダマニラに移転して、現在シティオブドリームズにはポーカールームはありません。マラテ北部に新しくダイナスティポーカークラブが3月中旬、新規オープンしました。

レーキ

20/40 10% MAX 300php
25/50 10% MAX 300php
50/100 10% MAX 400php
100/100 10% MAX 400php
100/200 10% MAX 500php

リゾートワールドマニラのみ、レーキ5%となっています。なお、リゾートワールド、ソレア、オカダ、メトロカードクラブは別途バッドビートジャックポットレーキが最大50ペソ取られます。

バッドビートジャックポット

AAATT以上の役がクワッズ以上の役に捲られた際に発動するバッドビートジャックポットが各ポーカールームで提供されています。私が運営しているポーカープレイヤー専用のゲストハウス滞在者もこれまで合計6回獲得しています。一回獲得で数十万ペソにもなることが多く、狙ってとれるものではもちろんありませんが、長期稼働の中で時折訪れるラッキーは無視できるものではありません。

通常のレーキと別途最大50ペソのバッドビートジャックポットレーキがとられるポーカールームは、ソレア、オカダ、リゾートワールド、メトロカードクラブで、マスターズ、レッツオールインでは別途BBJPレーキなしで、バッドビートジャックポットがあります。ダイナスティは現状バッドビートジャックポットがありません。

マイクロステークス

ローカルのレクレーショナルプレイヤー中心に盛り上がっていたマイクロステークス10/20はほぼ立たなくなっており、20/40がマスターズポーカー、レッツオールイン、メトロカードクラブ等でプレイできるという状況です。25/50が打てるポーカールームが減っています。25/50はオカダマニラ(ポーカースターズライブ)、レッツオールイン、ダイナスティポーカークラブ、メトロカードクラブでプレイできます。マスターズポーカーは希望者がいれば立てますが、現状50/100以上だけが立っています。

ハイステークス

500/1000以上のハイステークステーブルもほぼ毎日どこかしらで立っています。ほぼ毎日立つのはソレア、プライベートゲームとしてメトロカードクラブ、レッツオールインなどで比較的頻繁に立っています。

ホールデム以外のゲーム

オマハ(PLO)が安定的に立っているのは、マスターズポーカーとメトロカードクラブ。バドゥギがプレイできるのはマスターズポーカー。現状メインとなるステークスは100/100です。最近のマスターズは夜20時頃から、オマハ卓、バドゥギ卓がそれぞれ1卓づつ立っていますが、日によってはミックスゲームになります。

各ポーカールームの状況

オカダマニラ(ポーカースターズライブマニラ) OKADA MANILA(Pokerstars Live Manila)

主に25/50、50/100が午後14時頃から毎日およそ計5卓ほど立っています。ウェイティングが長めです。毎日リーズナブルなデイリートーナメントがあり、そのスタート時間前後はサクッと入れることが多いです。特筆する点としては、25/50テーブルのバイイン額がミニマム1000ペソ、マキシマム5000ペソという設定のせいもあり、平均スタック2000~3000ペソとショートが目立つケースが多く見受けられ、長く緩く遊びたいというプレイヤーには天国とも言えますが、専業志向のプレイヤーには勧められません。50/100含め特筆して強いレギュラーはいません。キャッシュテーブルには充電用USBポートがあり、携帯の充電等可能です。マフィン等のフリーフード、コーヒー、ビール、ワイン等無料提供です。

マスターズポーカー Masters Poker

繁華街マラテにある雀荘のような雰囲気のポーカールーム。夕方16時~早朝まで営業。夕方16時~18時半ごろまでは20/40のみ。先着20人のアーリーバードプロモ(2時間プレイで300ペソのフリーチップ)目的のローカルプレイヤー、韓国人プレイヤーがほとんどを占めており、1000ペソ前後でバイインするショートによるダブルアップ狙いのプレイヤーが目立ちます。
だいたい毎日18時半ごろ、50/100が立ち始め、20時頃、50/100 1卓 100/100 1卓、オマハ100/100、バドゥギ100/100という構成になります。50/100はミニマム5000ペソ、100/100はミニマム10000ペソ、良好なプレイヤー層に恵まれている日に立つ100/200はミニマム20000ペソバイインです。50/100はもともと25/50を打っていたフィリピン人レギュラーが多く、フロップまでで勝負を決めてくるタイプが約半数、ライトにベット、コールしてくる韓国人、中国人と日本人が半数。
100/100は大半をルースアグレッシブな中国人、韓国人プレイヤーが占め、日本人、欧米系プレイヤーが少し混じる感じで、ブラフ頻度も適正でしっかりポーカーしている印象で、打ちにくい局面も多いものの、オーバープレイ、ファンシープレイを繰り返すプレイヤーが2、3人は含まれていることが多いので、最も利益的なテーブルが稼働しているポーカールームと言えます。
バッドビートジャックポットプロモもありますが、BBJPレーキはありません。
50/100以上のテーブルでのプレイヤーは、300ペソまで飲食代がハウス負担で無料となります。長期稼働されるプレイヤーさんにはレーキバック等ご相談に乗れますので、事前に私までご連絡ください。philcasinomanila@gmail.com
なお、ディーリングの速さについてはマニラ随一で、オカダ、リゾートワールドなどと比較すると約1.5倍の速さです。

リゾートワールドマニラ Resorts World Manila

マニラで唯一レーキが5%です。Maxレーキは他のポーカールームと一緒です。ほぼ24時間卓が立っており、最低ステークスは50/100、100/200もほぼ毎日立っています。ディーラーはバカラ、ルーレット等と持ち回りでディーリングしており、こなせるハンド数はかなり落ちます。卓にもよりますが、マイルドなテーブルが多いのですが、マニラのポーカールームでは最もアクションに乏しく、ウィンレートは落ちると思います。ハウスルールはリゾートワールドが一番厳しく、携帯をポーカーテーブルの肘あて以内で使うことは禁止されています。

ソレアリゾートアンドカジノ Solaire Resort & Casino

1階VIPエントランス寄りの平場にありましたが、地下1階のシガーバー奥に移転となりました。
以前は平日最低ステークス50/100、金土日最低ステークス100/200だったため、週末の100/200はマニラ随一のマイルドでファンタスティックなゲームが楽しめたのですが、現在は平日も週末も最低ステークス50/100となっています。100/200/500、500/1000などのハイステークスも比較的安定して立っており、ある程度バンクロールに余裕があるプレイヤーさんにはおすすめです。
プレイヤーの傾向として、レギュラー8割にときにファンシープレイヤーが混じりますが、他のポーカールームと比較してそういったプレイヤーの滞留時間が極端に短く、じっくり捕獲を待つというのが困難な印象です。
フード類全般が他と比べて高く、低燃費長時間稼働なプレイヤーには少々難がありますが、プレイ中のマッサージは1時間300ペソと、マスターズポーカー等と同等リーズナブルでおすすめです。

レッツオールインポーカースポーツクラブ Let's All-in Poker Sports Club

このところオーナーシップがころころと変わり、毎日7、8テーブル立っている時期もあったのですが、最近は20/40、25/50が数卓のもとの姿に戻ってしまいました。週払いでのローカル向けのプロモを始めたせいで、プレイヤーの多くがプロモガジリで占められているせいで、組み打ちの雰囲気も感じられます。短期でプレイされる方には足を運ぶ価値はないと思います。

ダイナスティポーカークラブ Dynasty Poker Club

3月中旬にオープンしたシンガポール人とインドネシア人が実質オーナーのポーカールームです。まだオープンしたてですので、今後の周知次第ではありますが、現状は夜19時頃から25/50が1~2卓稼働しています。日によって50/100、100/100になることもあるようです。
マスターズポーカーと同じくマラテエルミタエリアではありますが、この周辺はスクワッター(スラム)、置屋が多数点在するエリアでフィリピン人も夜間は避けるエリアですので、多少気を張っていたほうがいいと思います。
Dynastyの25/50はミニマムバイイン5000ということもあり、オカダのようにショートだらけということはなく比較的まともなポーカーが打てます。アクションも適正です。現在は閉鎖されましたがニューワールドマニラベイ(旧ハイアットマラテ)、ウォーターフロントパビリオン内のポーカールームのレギュラー勢が多く見受けられますが、欧米系、中華系のレクレーショナル勢も早い時間は多く含まれ、グラインドには悪くない環境です。一部のシートにはスマホが充電できるケーブルがあります。

メトロカードクラブ Metro Card Club

ほぼ24時間卓が立っており、20/40、25/50、50/100、100/200など多彩なステークスが夜の賑わう時間ですと10卓以上立っています。リーズナブルなデイリートーナメントも毎日開催されており、トーナメントでも名前を見る強いプレイヤーも多く含まれる一方、レクレーショナルプレイヤー、初心者、オールドスクールなプレイヤーが大半を占めており、比較的マイルドな環境です。
空港エリア、マラテエリア、マカティエリアなどどこから行くにも渋滞が避けられないため、毎日足を運ぶには難儀な立地ではありますが、多少高めの滞在費が許容できるなら、この近所に滞在してじっくり腰を据えるというのもいいと思います。


ますます盛り上がるマニラのポーカールームの状況ざっくりとまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?
最近でこそ、オンラインで力をつけてライブに参入しているフィリピン人若手プレイヤーも増えてはきましたが、強いレギュラー同士のしのぎの削りあいということもなく、そこそこ手ごたえのあるステークスが楽しめる環境は、アジアでも類を見ないポーカーに腰を据えられる都市といえると思います。

ほぼ日本と同等の値段で日本食にも困らず、滞在コストもかなり抑えることのできる新興国メリット、羽目を外したいときもリーズナブルに楽しめるナイトレジャーの充実、ライブポーカーに本腰を入れたいポーカープレイヤーにとっては天国ともいえると思います。数年前は考えられなかったことですが、中長期で稼働する日本人ポーカープレイヤーも増え、盛り上がってます。

長期稼働プレイヤー向けのサポート、ポーカーコーチングほか、日本人ポーカープレイヤーに絞ってリーズナブルなゲストハウスも提供しています。マニラでポーカーされる方はお気軽にご相談ください。

にほんブログ村 大人の生活ブログ フィリピンナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

マニラがもっと楽しくなる!観光・カジノ・夜遊びガイド承ります

事前に値段が知れる安心、ちょっとしたコツ・楽しみ方を知ったうえで臨む、
効率よく充実したマニラ滞在をサポートします。ディープなフィリピンを楽しみつくしましょう!
ポーカーコーチ、日本でもフィリピン製品が大人気のvape製品買付ほか激レアスポット案内も対応。
通常料金は1グループ1日(1~3名まで10時間程度まで)5000ペソです。
お問合せは・・・ philcasinomanila@gmail.com


 

  ポーカープレイヤー専用ゲストハウス Sit & Go Manila http://www.sitgo.asia/

スポンサーサイト

City of Dreams Manilaのブラックジャックスタジアムのルール変更とハイエナ可能なスロット機種について

以下の記事でも紹介していた、同時対戦型のマシンブラックジャック、ブラックジャックスタジアムですが、かなり重大なルール変更があり、プレイするに値しないものとなってしまいました。

カジノのポイントシステムを理解してカジノホテル生活を実現。
http://philcasino.blog.fc2.com/blog-entry-262.html


シティオブドリームズマニラ、ソレア、リゾートワールドなど主要なマニラのカジノのブラックジャックテーブルゲームは、
ディーラーのフェイスカードがAの場合、サレンダー(賭けた金額の半分を払ってゲームを降りること。マニラではビジネスなどとも呼ばれる)ができないなど制限があるのが通常ですが、ブラックジャックスタジアムでは先日までディーラーのAを含むすべてのシチュエーションでサレンダーができるというお得ルールがあり、分散を抑えながらポイント稼ぎができていました。

先日まで、ポーカーの待ち時間等を利用して1000ペソスタート、賭け金100ペソ~500ペソ程度での少額ベットで、
2000ペソになったらキャッシュアウト(1800ペソ以上になって跳ね返されてもキャッシュアウト)し、再度1000ペソでスタートするという繰り返しでだいたい毎日200ポイントためて、食事バウチャー(クーポン)や、ボーナスポイントを獲得しつつ、稼ぎを得ていました。

しかしながら、つい1週間ほど前に、アナウンスもなく、プレイしている最中にディーラーのフェイスカードがどのカードの場合でもサレンダーオプションのボタンが表示されないことが判明、ディーラーAの時だけならともかく、サレンダー自体がない状態はあまりにもアンフェアであり、きちんとアナウンスをすべきとフロアマネジャーにも苦情を申し立てましたが、当分サレンダーオプションは復活することはなさそうです。サレンダー条件の有利さに気づいたプレイヤーが殺到していたならともかく、1か月程度、日常的にガジっていたのは僕だけでしたので、なんとも不満。

ポイント稼ぎで固く(?)ギャンブルするという試みは打ち砕かれてしまいました。

現状は、だいたい週2回メッセージがお知らせでくる、フリースロットクレジットでのガジリのみとなっています。
僕の場合は大きくポイント付与対象のゲームをプレイしているわけではないので、平均週2回、500ペソのフリークレジットがもらえていますが、フリークレジットをマシン上で有効化して、現金でプレイ、プレイした分がフリークレジットから補充されるという仕組みですので、ガジリは0.5ペソ×全列30~50のマシンで、100ペソを入れてフリークレジットが消化されるまで回すという方法です。

100ペソ+フリークレジット500ペソ相当で回して、だいたいの目標が350ペソキャッシュアウトですが、これまでの戦績としては306ペソ~4800ペソキャッシュアウトを繰り返していますので、まぁまぁの戦績です。306ペソしか出なかった時も、ミニマム150ペソのマシンバカラで1000ペソに増やしてキャッシュアウトなど、せこいギャンブルスタイルで固くお金にしています。

20180715_232146.jpg

フリークレジットでのプレイはVIPエリアのマシンや、一部のマシン(インターネットカジノなどでもジャックポットボーナス対象などから外されるような、固く細かく長く遊べるタイプの機種)ではできません。

そういった機種の一つに、日本の遊戯機メーカーアルゼのある機種も含まれるのですが、この機種だけはある一定の条件で少額キャッシュでプレイすることもあります。

20180714_010525.jpg

この機種は大当たり後数回転が確率変動モードとなっており、そういったモードを知らない人が放置している状態、パチンコのように出玉変動グラフを表示できるので、オカルトではありますがトレンド読みでのハイエナ打ちで最大2000ペソプレイで利確という事例を5戦5勝で終えています。

City of Dreams Manilaには4台しかない機種ですので、毎日のようハイエナできるわけではありませんが、ポーカー出勤時にはいつもその台をチェックするルートで通っています。



 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピンナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

マニラがもっと楽しくなる!観光・カジノ・夜遊びガイド承ります



事前に値段が知れる安心、ちょっとしたコツ・楽しみ方を知ったうえで臨む、
効率よく充実したマニラ滞在をサポートします。ディープなフィリピンを楽しみつくしましょう!
ポーカーコーチ、日本でもフィリピン製品が大人気のvape製品買付ほか激レアスポット案内も対応。
通常料金は1グループ1日(1~3名まで10時間程度まで)5000ペソです。
お問合せは・・・ philcasinomanila@gmail.com


 

  ポーカープレイヤー専用ゲストハウス Sit & Go Manila http://www.sitgo.asia/

シティオブドリームズマニラのビデオポーカー事情

現在WSOP(World Series Of Poker)で賑わっているラスベガス、多くの日本人が
トーナメント、キャッシュゲームなどでしのぎを削っています。

時には息抜きがてらカジノのコンプも貰いたいポーカープレイヤーが、
バカラやルーレット、スロットマシンではなく、稼働しているのがビデオポーカーです。

日本語でのビデオポーカー事情に詳しいブログ記事はこちら。
50の手習い:シニアのためのビデオポーカー

カジノにおいて期待値がプレイヤー側にエッジがある唯一のゲームがビデオポーカー。
ただし、ゲームの種類、配当金額の設定で期待値はまちまちですので、しっかり
事前に調べて取り組む必要があります。

手元で期待値などが確認できて、最適プレイを練習できるアプリ

iPhoneアプリ WinPoker

Androidアプリ PerfectVP

数百あるゲームの種類と、配当パターンを選ぶと、それぞれの期待値が確認できます。
100%越えのものもあるのが魅力。

Screenshot_20180626-115550.png

実際の画面でプレイして、正しいホールドができるようになるまで数十分練習すれば、
ほぼ期待値通りのプレイで無駄な負けを無くすことができます。

シティオブドリームズマニラのビデオポーカー事情

Deuses Wild(Trips+) 

20180626_111931.jpg

Max bet50ペソ(約1ドル)でEV(期待値)91.42

Double Bonus(JJ+) 

20180626_113852.jpg

Max bet1000ペソ(約20ドル)でEV(期待値)93.11

Joker Poker(AA+) 

20180626_111937.jpg

Max bet1000ペソ(約20ドル)でEV(期待値)93.78

それぞれ期待値プラスからはほど遠い厳しい配当設定となっています。

ためしにDeuses Wildで30分プレイしてみましたが、最高の役で5 of a kind(ファイブカード)
でした。すべての2のカードがワイルドカードとなっていて、役を構成するアウツとなります。
7と2で構成されるフルハウスに見えますが、これはファイブカード扱いとなり、50ペソの
ベットに対して500ペソの配当です。

20180626_113852 (1)

これらのマシンは見渡す限り見つけることが難しいのですが、
カジノ内のスロットマシンの中には複数ゲームが切り替えられるマシンがあり、
これらはVIPエリアSignature Club内、入ってすぐ左のスロットマシンエリア奥に
数台あります。

30分プレイしてもコンプポイントは16ポイントしか貯まらなかったので、
コンプ達成のためにこのマシンでプレイするのは気が遠い作業で、
小さい金額で多少スキル要素を駆使して楽しめるゲームとして
割り切るしかありません。

マニラでビデオポーカーがプレイできるという情報は、インターネット上で
探しても見つけられない状態でしたので、期待値プラスな台があればと
期待していましたが、そう甘くありません。

次回はオカダマニラ、ソレア、リゾートワールド、カジノフィリピーノなどでの
現地調査をしたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピンナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

マニラがもっと楽しくなる!観光・カジノ・夜遊びガイド承ります



事前に値段が知れる安心、ちょっとしたコツ・楽しみ方を知ったうえで臨む、
効率よく充実したマニラ滞在をサポートします。ディープなフィリピンを楽しみつくしましょう!
ポーカーコーチ、日本でもフィリピン製品が大人気のvape製品買付ほか激レアスポット案内も対応。
通常料金は1グループ1日(1~3名まで10時間程度まで)5000ペソです。
お問合せは・・・ philcasinomanila@gmail.com



  フィリピンでのホテル宿泊予約なら、マニラ・アンヘレス・プエルトガレラのホテル比較・まとめ

カジノのポイントシステムを理解してカジノホテル生活を実現。

日本人のカジノプレイヤーのよくある傾向として、コンプやポイントなどにこだわる点が
上げられます。

ポイントシステムなどのマーケティングに左右されず勝負で勝つことが最も重要であることは
言うまでもありませんが、、旅行などで楽しみに来ている方、分散を抑えつつ
最大限に充実したカジノライフを楽しみたい方にとってはこういったカジノのポイントシステム
等を知ることは、決して損ではありません。

単純にプレイしているだけではポイントシステムの恩恵を最大限受けることができません。
今日はそのあたりのことについて掘り下げて紹介してみます。

要点としては、ポイントの貯まりやすいゲーム選びと、ポイントプロモの活用です。

ポイントの貯まりやすいゲームは、テーブルゲームではバカラ、そしてスロットマシンとなります。
テーブルゲームでは基本的にどのゲームでもほぼすべてのカジノが、賭けた金額の総額の0.1%程度の
ポイントを付与しているのですが、賭けた金額のカウント方法がゲームによって変わってきます。

どのテーブルゲームも実際に賭けた金額をいちいち記録していくのは非常に難しいので、
一般的にはテーブルの最低ベット金額×一時間あたりのゲーム数×参加頻度×プレイ時間を
複数のテーブルをマネジメントしているピットボスが記録し、それに基づいてポイントが
付与されます。

たとえばバカラでは、平均ベット金額が大きければ多少勘案されますが、
たいていの場合がテーブルの最低ベット金額を元にポイント付与されます。
ですので、平均ベット金額に合わせたテーブル選びは必須となります。
平均ベット金額を反映させるためには、ディーラーだけでなくピットボスとの
コミュニケーションも多少は影響してきます。

ブラックジャックはバカラと比べると圧倒的にポイントが貯まりにくいというのは、
ダブルやスプリット、その他サイドベットなどは基本的にカウントされないので、
実際に賭けている金額とポイント付与対象になる金額に差があるためです。

ブラックジャックをどうしてもプレイしたいが、ポイントもきっちり貯めたいという方は、
ディーラーのディーリングをスキャンして自動化した大人数対応型のマシンでプレイできる
スタジアムブラックジャックがおすすめです。現在シティオブドリームズの2階に設置
されており、STADIUM BLACKJACKにいるディーラーは美人が多く配置されています。
一時間あたりにこなせるゲーム数も平均90ハンドと多く速い進行なので、
テーブルでプレイするブラックジャックと比べると格段にポイントがたまります。
最低100ペソ~10000ペソとなりますので、10000ペソでプレイすれば1時間
あたり1000ポイント(1000ペソ相当)は貯まります。
ダブルダウンやスプリット、サイドベットについてもポイント付与対象になる点も
見逃せず、このあたりを勘案すると、テーブルでプレイするバカラよりもポイント
稼ぎの観点では有利と思われます。


スロットマシンについては平均的なスピードでプレイできる
コナミのプログレッシブ系ジャックポットありのマシンで、
68ライン×1倍で1時間で約200ポイントはつきますので、
スロットマシンでは賭けた金額の0.4%近くのポイントが付与されています。
(City of Dreams Manilaのケース)

KONAMIのスロットマシンはオートベット有効のものが多く、
手持ち20000ペソ(約40000円)でスタート、行ったり来たり
しながら4時間プレイで獲得ポイントは1000ポイントを超えました。

シティオブドリームズマニラの場合、約800ポイントでハイアット1泊、
約1300ポイントでNUWA1泊がポイント消費なしでもらえます。
(リワードカウンターに行って依頼すると部屋がもらえます。宿泊
がもらえるポイントは裁量でおおよその目安ですので、一日でのポイント獲得
が1000ポイント程度で一泊と考えれば間違いないです。)

大きな勝ち負けによる分散は免れ得ませんが、平均的な戦績で考えると
1日約50000円程度の予算で毎日4時間程度プレイすれば無料宿泊で
毎日泊まれる計算となります。

分散が低めで進行が早く回転数が稼げるスロットマシンとしては、
ラスベガスなどでよく設置されているAINSWORTH社のマシンが
ポイント稼ぎにはよく感じられました。

なお、シティオブドリームズマニラではポイントを消費せずに得られる
プロモとして、ホテル宿泊のほか、以下のようなプロモがあり、
これらはポイントカードをキヨスクマシンに通して、権利をゲット
しないともらえませんので、毎日忘れないようにすれば、実質
倍のポイントが稼げますので、その点重要です。

100ポイント 400ペソ分のフードバウチャー
300ポイント 600ペソ分のフードバウチャー
600ポイント 追加800ポイント
1500ポイント 追加1000ポイント
3000ポイント 追加2000ポイント
10000ポイント 追加10000ポイント
20000ポイント 追加20000ポイント
50000ポイント 追加50000ポイント
100000ポイント 追加100000ポイント

毎日1500ポイント獲得を目標にしてプレイすれば、
宿泊無料、食事無料、3300ポイント(チップやスロットマネーに替えられる)
をベースに、勝負を重ねていくカジノ生活ができます。

オカダマニラのポイントシステムは不明な点が多く、これから研究の余地ありです。
ソレアは獲得ポイント総計によって決まる会員ランクにより、獲得できるポイント
が上がっていくシステムで、毎日の積み重ねでポイント有利なシティオブドリームズと比べると、
大きい金額で遊ぶ人に有利なポイントシステムとなっています。

現在シティオブドリームズマニラでは、月曜から木曜にトータル200ポイント獲得で、
日曜日に1000ポイント追加獲得できるプロモや、プレイ実績に応じて、数日に1回
プロモチップがもらえるサービスがあります。


こういったポイントシステムをぬかりなく理解したうえでプレイされたい方、
ガイドの際にアドバイスいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピンナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

マニラがもっと楽しくなる!観光・カジノ・夜遊びガイド承ります



事前に値段が知れる安心、ちょっとしたコツ・楽しみ方を知ったうえで臨む、
効率よく充実したマニラ滞在をサポートします。ディープなフィリピンを楽しみつくしましょう!
ポーカーコーチ、日本でもフィリピン製品が大人気のvape製品買付ほか激レアスポット案内も対応。
通常料金は1グループ1日(1~3名まで10時間程度まで)5000ペソです。
お問合せは・・・ philcasinomanila@gmail.com



  フィリピンでのホテル宿泊予約なら、マニラ・アンヘレス・プエルトガレラのホテル比較・まとめ

マニラの女性カジノディーラーと一夜を過ごして得たバカラの秘密

バカラを専攻するギャンブラーで僕が竿師と呼ぶ友人が、数日間のヘビーな
バカラプレイを通して仲良くなったマニラの某カジノの女性ディーラーの逆ナンパを受けて
一夜を過ごし聞いた、その同僚らとまことしやかに語られている噂、それはコントロールされた
プリシャッフルデッキ。

マニラのカジノでは、プリシャッフル(シャッフルされた状態のデッキをシューにそのまま投入して使用)が採用されていて、
基本的に機械でランダムにシャッフルされたデッキを使っていると考えられます。
しかしながらコンピューターで緻密に構築されたプレイヤーを殺しにいくデッキと、勝たせるデッキが存在するという
ディーラー間での噂もあります。毎日長時間にわたって勝負を見てきているディーラーが感じているということは
やはりそういうことがあるのか、あるいはディーラーも人間、物事をパターン化してとらえてしまうギャンブラーの誤謬なのか・・・。

すべてのデッキをコントロールされたものにすること自体は、パターン数が膨大であったとしても、
ある種の必勝法を存在させ得ることにもつながり、ランダムなデッキでもハウスエッジがある以上、
考えにくいのですが、一部の時間帯、一部のエリア(人通りの多い角などの華台など)で何デッキに
一つなど混ぜることは、収益にどん欲なカジノ事業者なら考えそうにも思えます。

某老舗のカジノのディーラーの中には、次はこっちだよ、とかカードの目を一点読みなどして
ドヤ顔をする者もいて、そういったデッキの存在も疑わしいうえに、そもそもそういうお節介を大いに
嫌う私としては、そういったカジノは避けて、淡々とディールしてくれる新興の大型カジノを
好みますが、多くのお客様をご案内、プレイを見ていて感じることもいくつかあります。

日本の非合法カジノのポンコツ(イカサマ)系では、バランス(バンカーとプレイヤーのベット金額の
差額に制限をかけること)の存在により、カードグルーピング(ピクチャー&テン、大、小のカード群を
特定の順番に組む手法)やサイン(特定の順列のカードの後の勝負を把握する手法)などを
仕込むデッキなどの手口が考えられますが、フィリピンマニラのカジノではベット金額の上限内であれば
両サイドに自由にベットにできますので、これらの存在は感じられません。

代わりに考えられるのは、きれいなチャートに群がってきたイナゴベッター、大きく張りたくなる
タイミングでのはしご外しです。とくに人の多い時間帯、華台での派手なチャートでの面の切れる
タイミングなどはうまくできているなと感じさせられることが偶然以上のように感じられます。

また、まだ漠然としか感じていないのですが、序盤から中盤にかけては罫線に沿った素直な勝負が多いのですが、
デッキの終盤にかけては裏切られるような勝負の展開が多く感じられるのも、とくにデッキのプレイヤー
カットをしない一部のカジノの平場での特徴です。
(ジャンケット管理下のVIP卓では、プレイヤーカットがあるためにそういったことを感じるのであれば
ある程度コントロールできるともいえます。)

そもそも基本的に半々の勝負であり、中華式の罫線(ビッグアイロード、スモールロード、コックローチロードなど)
というのはカジノ側に用意されたものであり、パチンコ屋における回転数グラフなどを表示するデータロボのように
自分で賭ける方向を決めているようでいて、実は罫線に踊らされているというようなことを避けるには、
罫線を見ないという対策もとれるのですが、ギャンブルファンタジスタ達にとってはそれではあまりにもロマンがありません。

そこで現在検証しているのが、
・カード群をグルーピングして記録をつけていく独自チャート
・各罫線ごとの順目と逆目を記録し、指標となっている罫線の推移を読む独自チャート
です。

コントロールされている(と思わされる)デッキ、あるいは独特な傾向を持ったデッキをあぶりだし、
ベットするサイド、ベット金額の上げ下げ、テーブルチェンジのタイミング、やめ時の検討をする
目的では、なかなか面白いものと考えています。

その他、ベッティングシステム、セッション管理、コンプの最適化など、
長年に渡ってギャンブルの世界で生き延びてきた根拠となる引き出しを
いくつも独自に作り上げているので、マニラでご案内させていたく皆様には
新たなカジノの楽しみ方を提供しています。

スキルでプラス期待値を作り出せるポーカーなどとは異なり、常にハウス(カジノ)
有利なゲームであるバカラなどでも生き延び、楽しめる術というものは確かに
あります。ぜひいちどご一緒して、新たな楽しさを体験いただきたく思っております。

勇気ある皆様(笑)からのご依頼、最初の一歩をカジノの楽園マニラにてお待ちしております。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピンナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

マニラがもっと楽しくなる!観光・カジノ・夜遊びガイド承ります



事前に値段が知れる安心、ちょっとしたコツ・楽しみ方を知ったうえで臨む、
効率よく充実したマニラ滞在をサポートします。ディープなフィリピンを楽しみつくしましょう!
ポーカーコーチ、日本でもフィリピン製品が大人気のvape製品買付ほか激レアスポット案内も対応。
通常料金は1グループ1日(1~3名まで10時間程度まで)5000ペソです。
お問合せは・・・ philcasinomanila@gmail.com



  フィリピンでのホテル宿泊予約なら、マニラ・アンヘレス・プエルトガレラのホテル比較・まとめ

プロフィール
管理人:ハジメ
海外生活8年、フィリピン在住5年、もうすぐ40歳の日本人です。ポーカープレイヤー活動のかたわらガイドをしています。
夜遊び、観光等のフィリピンでのガイドご依頼、お待ちしてます。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
バナーエリア
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
RSSリンクの表示
QRコード
QR