2015年版 マニラの主要カジノ全てを5つ星で評価してみました。


現在皆さんにおすすめするのは、1.ソレアリゾート2.シティオブドリームズ3.ニューワールドマニラベイ(旧ハイアットカジノ)の3つです。
その他のカジノも含め、独断での5つ星評価と特徴の一言コメントでマニラのカジノを比較紹介してみます。

おすすめNo.1

ソレアリゾートアンドカジノ (Solaire Resort & Casino)
★★★★★
Solaire Casino & Resort

プレイ中のドリンク無料。会員になることで、プレイを積み重ねるごとにポイントがたまり、マシンゲームやテーブルゲームのチップにも換えられる。VIP向けのローリングプログラムに近いキャッシュバックの恩恵を、一般のプレイヤーも受けられるのが最大のメリット。現在最新のカジノということもあり、豪華さ、規模共に最高。
プレイすることで貯まるポイント還元率はソレアが一番いい。



おすすめNo.2

シティオブドリームズマニラ (City of Dreams Manila)
★★★★★
City of Dreams Manila

プレイ中のドリンク無料。続々オープンする大規模カジノリゾートの中でも2015年現在最新のカジノがシティオブドリームズマニラ。最新、最大規模のカジノながら、ブラックジャックP300~、バカラP500~なので、ソレアより少しお気軽に遊べます。24時間営業のハイアットThe Cafeのビュッフェはオススメ。メニューは制限されるが深夜帯(23時半~朝4時半)はP788とかなりリーズナブルなのは、昼夜プレイするカジノプレイヤーには嬉しいはず。プレイして貯まったポイントでぜひお試しを。



おすすめNo.3

ニューワールドマニラベイホテルカジノ(旧ハイアットホテルアンドカジノ)
★★★★☆
hyatt.jpg

エルミタエリアでは一番盛り上がっていて、テーブルゲームの種類も豊富でおすすめ。ソレアやシティオブドリームズマニラと比べると豪華さには欠けるが、なんといっても魅力はポンツーン(ブラックジャック変形ルール)。通常のブラックジャックと異なり10のカードが抜かれているのでドボンが少ないのが欠点だが、掛け金をダブルしてカードを引くことが一つのハンドで3回までできるほか、一部だけをサレンダーできるなどの戦略オプションが充実していて、プレイヤーの考え一つで博打性の高さをコントロールできる。通常のブラックジャックテーブルも複数ある。3階にはVIPフロアもあり、一定金額以上のチップ交換でローリングプログラムを受けることができる。ルーレット、バカラ(スーパー6)に加え、SIC BO(大小)やテキサスホールデムボーナスポーカー、カリビアンボーナスポーカーなどが楽しめる。



最新カジノに押され番外ながらオススメ

リゾートワールドマニラ (Resorts World Manila)
★★★★☆
resortsworld.jpg

ポーカーエリアのほか、対ディーラーのポーカー系テーブルゲームが充実。現在はニューワールドマニラベイホテル、シティオブドリームズにも導入された、スリーカードポーカーがいち早く取り入れられ、テーブルゲームの種類はNo.1。また、テキサスホールデムボーナスポーカーは、ボーナスベット(3倍~1000倍、AAが30倍)の掛け金MAXIMUMがないため、一攫千金が常に狙えるという面白さもある。SOLAIREやCity of Dreams Manilaがオープンするまでは最も豪華なカジノだった。空港から近く観光客向けと言える。ポンツーン(変形ブラックジャック)は、役による配当重視で戦略オプションが限定されており、個人的にはニューワールドマニラベイなどのPAGCOR直営カジノでのプレイをおすすめする。



実は穴場。パイガオポーカーを体験したいならここ

マニラパビリオンホテル (Manila Pavilion Hotel)
★★★☆☆

カジノ併設でビンゴ会場などもあるためか、ローカルのプレイヤーが多い。ポンツーン(ブラックジャック変形ルール)他のカジノがオートシャッフルマシーンであるのに対し、シューを使っている。またミニマムベットが300ペソ~で小さい金額で楽しめる。ルーレットも20ペソ~と超低額で遊べる。ゲームも多様。競馬レースゲームマシンも楽しめる。なんといってもパイガオポーカーテーブルがあるのがこのカジノの特徴。カジノでの哀楽を味わいつくした玄人らしき賭人達が黙々とプレイしている。



他にもカジノあります。紹介しているカジノはすべてPAGCOR(フィリピン賭博公社)の管理となっており、安心してカジノを楽しむことができます。

マイダスホテル (MIDAS Hotel)
★★★☆☆

ヘリテイジからも近く、比較的新しいカジノ。賑わいには欠けるが、落ち着いてプレイしたい方にはおすすめ。1階は中国人専用のVIPフロアとなっており、ほかの一般カジノ客は2階で遊ぶ。


ソフィテルフィリピンプラザホテル (Sofitel Philippine Plaza Hotel)
★★☆☆☆

外国人専用のカジノということで、他のマニラのカジノのように、ローカルのプレイヤーが細かいベットでライドしてくることがないので、落ち着いてプレイしたい人には最も静かに楽しめるカジノ。ただ、賑わいにはかけるのと、テーブルゲームもバカラ(SUPER6)メインで、ポンツーンが1台と、遊びの幅が少ないのが難点。


シティステートタワーホテル (City State Tower Hotel)
★☆☆☆☆

エルミタ地域にある、こじんまりとしたカジノ。ポンツーン(ブラックジャック変形ルール)他のカジノがオートシャッフルマシーンであるのに対し、シューを使っている。またミニマムベットが300ペソ~で小さい金額で楽しめる。


ネットワールドホテル
- - - -

日本人向けのサウナ、温泉施設付のホテルに併設のカジノ。バカラ(スーパー6)のみ。ミニマムベット2000ペソ~。このホテルに宿泊している人以外にはおすすめできない。


ヘリテイジホテル (Heritage Hotel)
★★★☆☆

エドコンというナイトスポットの近所。夜になるとテキサスホールデムポーカーテーブルが盛り上がっている。その他はポンツーン(ブラックジャック変形ルール)、バカラ(スーパー6)、ルーレットが楽しめる。コーヒーサービスもこまめにあり、比較的ローカルのプレイヤーが多く、にぎやかで楽しい。ルーレットは最低20ペソから賭けられる。

>※2013年7月10日にクローズしました




ほかにマシンだけが設置されたパンパシフィックホテルやアトリウムホテルのカジノのようなところを含めるとあと数軒あります郊外では、アンヘレスやタガイタイにもカジノがあり、観光の合間に足を伸ばすと楽しいですよ。

長時間プレイされる場合は、最初におすすめした、ソレア、シティオブドリームズ、ニューワールドマニラベイのどこかを選べばはずれはありません。たまに違うカジノに足を伸ばすのも新鮮でいいですよ!



カジノ・夜遊びガイド承ります
会員カードの作り方から、このカジノ固有のゲームルールの説明、ポイントを効率よく貯めたり、会員レベルのアップグレードするためのお手伝い、確率論、ジンクス含めた勝つため、楽しむためのアドバイスなど、カジノを最大限楽しんでいただくためのサポートします。夜遊び代金も浮かせちゃいましょう。
もちろん夜遊びも完全サポート。事前に値段が知れる安心、ちょっとしたコツ・楽しみ方を知ったうえで臨む、効率よく充実したマニラ滞在をサポートします。ディープなフィリピンを楽しみつくしましょう!
1グループ1日(1~3名まで10時間程度まで)5000ペソです。

お問合せは・・・ philcasinomanila@gmail.com

  フィリピンでのホテル宿泊予約なら、マニラ・アンヘレス・プエルトガレラのホテル比較・まとめ

ブラックジャック/ポンツーンプレイヤーのためのマニラカジノ比較解説

フィリピンのカジノの特徴としては、10のカードがセットから抜いてあるブラックジャックの変形版ポンツーンが主流であることです。ブラックジャックのテーブルがあるかどうかや、カジノによって違うルール、ベット金額の違い等を知ることで、戦果や楽しみ方も変わってきます。


ブラックジャックテーブルのあるカジノ

ソレアカジノ(Solaire) 2台 (夜4台、フル稼働6台)
リゾーツワールドマニラ(Resorts World) BJ 2台 HouseMoneyBJ 2台
ハイアットカジノ(HYATT) 2F 1台 3F 1台 VIPエリア 1台(USDチップ)
マイダスカジノ(MIDAS) 2台

ポンツーンが主流のフィリピンでは、バカラやマシンのみのミニカジノを別にすると、ポンツーンのテーブルはほぼ全てのカジノにありますが、ブラックジャックのテーブルのあるカジノは一部のみです。その他アンヘレスのカジノフィリピーノ(Casino Filipino)にもブラックジャックテーブルがあります。


ミニマム/マキシマムベット金額のカジノによる違い

現在マニラで最も低い金額で楽しめるのはリゾーツワールドマニラで、ミニマムベット金額は300ペソです。ソレアも以前は平日昼間は300ペソのテーブルがあったのですが、最近は最低レートのテーブルはMIN500ペソとなっています。

ベットスプレッド(ミニマムベット金額とマキシマムベット金額の差)が大きく有利なのは、ソレアカジノでMIN500 MAX20,000のベットスプレッド40倍です。他のカジノはだいたい10~20倍程度に設定されています。ベットスプレッドが大きいと、勝負に負けたら次のベットを倍にしていくというマーチンゲール戦略でプレイする方にとってはいいですね。また好調なときと不調なときのベット金額にメリハリがつけられるメリットがあります。

ハイアットカジノ

ブラックジャック
 ミニマム 500ペソ マキシマム 8,000ペソ (スプレッド16倍)

ポンツーン
 ミニマム 500ペソ マキシマム 8,000ペソ (スプレッド16倍)
 ミニマム 1,000ペソ マキシマム 10,000ペソ (スプレッド10倍)

リゾーツワールドマニラ

ブラックジャック、ポンツーン、ハウスマネーブラックジャック
 ミニマム 300ペソ マキシマム 6,000ペソ (スプレッド20倍)
 ミニマム 500ペソ マキシマム 10,000ペソ (スプレッド20倍)

ソレアカジノ

ブラックジャック、ポンツーン
 ミニマム 500ペソ マキシマム 20,000ペソ
 ミニマム 1,000ペソ マキシム 30,000ペソ
 (ミニマム 300ペソ マキシマム 10,000ペソ)

参考記事:

ハイアットカジノのミニマム、マキシマム金額一覧
ソレアカジノのミニマム、マキシマム金額一覧
リゾーツワールドマニラのミニマムマキシマム金額一覧


ディーラーがブラックジャック(A + 10,J,Q,K)の時のルールの違い

ハイアットカジノでは、ディーラーがブラックジャックの際は、プレイヤーの手がブラックジャックでも、掛け金は没収されてしまいます。
ソレア、リゾーツワールドでは、プッシュ(スタンドオフ)扱われ、掛け金はそのままの標準ルールとなっています。また、ディーラーの1枚目のカードがAや10,J,Q,Kの際は、プレイヤーが3枚目のカードを引く際に、イーブンとして、配当をベット金額と同額(通常ブラックジャックは1.5倍)で勝利を確定することができます。

また、ソレアでの細かいルールで、ディーラーも把握していないことが多いですが、プレイヤーがスプリットやダブルダウンをした際に、ディーラーがブラックジャックになった際はオリジナルベットのみ没収、ダブルダウンやスプリット時のベットについては回収されません。


スプリットができる条件の違い

通常ポンツーンでもブラックジャックでも1枚目と2枚目のカードが同じ数字(3と3やJとJなど)の時だけ、スプリットが可能ですが、ソレアカジノおよびリゾーツワールドマニラではブラックジャックのみ10として扱われるカードの組み合わせ(例えば10とJやQとK)でもスプリットが可能です。(ポンツーンは不可) 親がバストしやすい流れの際には積極的に取っていきたいアクションです。

なお、ハイアットカジノでは不可ですが、ソレアカジノおよびリゾーツワールドカジノではブラックジャック、ポンツーンともに、スプリット後の2枚目のカードが配られる際に更にペアが出ることにかけることができます。(私はハイアットでAAペアをスプリットし、Aをひきさらにスプリット、最大の3つのスプリットハンドにさらにAを2枚引いたことがあり、当然ペアも取れず、Aのスプリット時は1カードだけしか引けないので、最弱の手、泣く泣くAを引いた2ハンドをサレンダーという無駄な幸運、悲しい経験があります。笑


サレンダーができる条件の違い

基本的にサレンダーは、プレイヤーに2枚づつ、ディーラーに1枚カードが配られた直後にディーラーからサレンダーの確認を取るタイミングがあり、その時以外はサレンダーできないが、ハイアットカジノのポンツーンのみ、自身がヒットするかステイするかのタイミングならいつでもサレンダーが可能。(ディーラーのカードがAの時は不可)
その他の条件の違いは、以下のとおりです。

ハイアットカジノ等PAGCOR系のポンツーン
ハイアットカジノ等PAGCOR系のブラックジャック
ソレアカジノのブラックジャック
リゾーツワールドマニラのブラックジャック

ディーラーのカードがAの時以外は、サレンダーとして掛け金の半分を支払い、勝負を降りることができます。


ソレアカジノのポンツーン
リゾーツワールドマニラのポンツーン

ディーラーのカードがAか絵札(J,Q,K)の時のみ、サレンダーが可能。他の数字のカードの時はサレンダーできない。またサレンダーはその場で確定せず、ディーラーがブラックジャックになった場合はチップは全額没収される


ダブルダウンに関する違い

一番フレキシブルなのがハイアットカジノのポンツーンだが、想像以上に掛け金が大きくなることもあり、リスクも跳ね上がります。

ハイアットカジノ等PAGCOR系のブラックジャック
 プレイヤーのハンドの1枚目と2枚目のカードの合計が10か11のときのみダブルダウン可能。ダブルダウン時に引くことの出来るカードは1枚のみ。

ハイアットカジノ等PAGCOR系のポンツーン
 プレイヤーのハンドの1枚目と2枚目のカードの合計がいくつでもダブルダウン可能で、4枚目のカードを引く際や5枚目のカードを引く際の3回までダブルダウンが可能。ただし
3枚目をダブルダウンせずに、次のカードでダブルダウンすることはもちろん不可。Aはダブルダウン時でも1、11どちらでも有利なほうでカウントできる。

ソレアカジノのブラックジャック
 プレイヤーのハンドの1枚目と2枚目のカードの合計がいくつでもダブルダウン可能。ただしダブルダウン時に引くことの出来るカードは1枚のみ。

ソレアカジノのポンツーン
 プレイヤーのハンドの1枚目と2枚目のカードの合計が10か11のときのみダブルダウン可能。ただしダブルダウン時に引くことの出来るカードは1枚のみ。

リゾーツワールドマニラのブラックジャック
 プレイヤーのハンドの1枚目と2枚目のカードの合計が9か10か11のときのみダブルダウン可能。ただしダブルダウン時に引くことの出来るカードは1枚のみ。

リゾーツワールドマニラのポンツーン
 プレイヤーのハンドの1枚目と2枚目のカードの合計が9か10か11のときのみダブルダウン可能。ただしダブルダウン時に引くことの出来るカードは1枚のみ。


各種配当の違い

ポンツーン通常ペアベットの配当は11倍、インシュランスベットの配当は2倍ですが、ハイアットカジノ等PAGCOR系ののポンツーンのみペアベットの配当は10倍、インシュランスベットの配当は3倍となっています。したがってハイアットのポンツーンでは積極的にインシュランスを取るべきだといえますし、ソレアやリゾーツワールドのポンツーンではペアベットに積極的になるという風にプレイスタイルを変えるのもいいと思います。ただペアもインシュランスもハウスエッジ(カジノの利益)を考えると、常にベットするのは不利となります。

なおブラックジャックにはなく、ポンツーンにある要素として、ファイブカード(5枚の合計が21)やトリプル7などカードの組み合わせによって役が発生し、1.5倍や3倍等の配当が発生します。ポンツーンをプレイする際は、各カジノで確認してみてください。とくにソレアカジノのポンツーンは役のバリエーションが多いのが特徴です。


プレイスタイルによるカジノ、ゲームの最適チョイス?

ポンツーンはブラックジャックと比較して、10のカードが少ない分、非常にバストしにくいのが特徴です。ですので確率論で考えてもブラックジャックと比較してアグレッシブにヒットをするべきとも言えますが、ディーラーのバストがかなり出にくくなりますので、スプリットやバイ(ダブルダウン)は実は非常にリスクが高くなっています。ただ、21が出ると即時配当とか、6,7,8の同じ絵柄で3倍などの役がある分、とことんツイているときには非常に魅力的なゲームです。

淡々と確率に沿ってベーシックストラテジーに乗ってプレイするなら、とくにプレイヤーに有利なルールといえるソレアのブラックジャック、ツキが悪ければ一気に負け、ツキがあれば一気に勝てる要素のあるゲーム性が好きな人はハイアットカジノのポンツーンがおすすめです。


 ブログランキングに参加中
 1日1回クリックで応援!
    ↓↓

 にほんブログ村 小遣いブログ 世界のカジノへ
 にほんブログ村

ガイド・アテンド承ります
プレイ金額に応じたポイントバックのある会員カードの作り方から、このカジノ固有のゲームルールの説明、ポイントを効率よく貯めたり、会員レベルのアップグレードするためのお手伝い、確率論、ジンクス含めた勝つため、楽しむためのアドバイスなど、カジノを最大限楽しんでいただくためのガイド・アテンド承っています。
1グループ1日(1~4名まで10時間程度まで)5000ペソです。ただ、お一人だったりちょっと覗きたいだけだと割高だと思います。空いているときは格安で承ることもあります。私のコンドミニアムへの宿泊、観光ガイドや夜のアテンドも対応可。まずはお問合せください。
お問合せは・・・ philcasinomanila@gmail.com


続きを読む

フィリピンのテーブルカジノで人気のあるポンツーンのルール解説

今回はフィリピンのカジノで人気のPONTOON(ポンツーン、ポントーン)というテーブルゲームについて解説します。

highlimit

ひとことで説明すると、A、2-10、J、Q、Kから10のカードを4枚省いたセットでプレイするブラックジャックの変形ルールです。

10のカードがなくなることで、プレイヤーもディーラーもバスト(カードの合計が22以上になって負けが確定すること)しにくくなるため、通常のブラックジャックと比べると多少ストラテジーが変わってきますが、大まかには楽しみ方は同じです。

ただ、ハイアットホテルのカジノを含む古くからあるPAGCOR(国営)カジノにおいてのポンツーンのルールと、ソレアやリゾーツワールドのポンツーンのルールでは少しづつ違います。とくにPAGCORルール(ハイアットカジノやヘリテイジカジノなど)のポンツーンは荒波も現れる面白さです。怖いともいえるのですが・・・。


ポンツーンの基本的ルール

基本ルールはブラックジャックと同じで、カードの合計値が21を超えない範囲で大きい数字であれば勝ち、小さい数字であれば負け、同数で引き分け(プッシュ)。親はカードの合計値が17以上になるまで、必ずカードを引く。(ディーラーの判断で勝負の行方が変わるわけではない。)

・10のカードがない
・ポンツーン役が出たタイミングで勝利確定
最初に配られた2枚がA+J、A+Q、A+Kの組み合わせ(PONTOONと呼ばれる)の際はその場で勝ちが確定。1.5倍の配当がもらえる。(ブラックジャックの場合、親の1枚目のカードがA、10、J、Q、Kの場合、ディーラーのカードが確定するまで勝負は保留、親がブラックジャックの場合は、負けあるいはプッシュ(カジノによってルールが違う)であるのに対し、PONTOONはプレイヤーに有利なルールである。

・カードの組み合わせによる役がある
カジノによって多少配当や役の種類が異なるが、7、7、7のカードや同じ絵柄の6、7、8、5枚以上のカードで合計21となるファイブカード等配当がで1.5倍、3倍等となる。


PAGCORのポンツーンの主な特徴

非常にフレキシブルで、通常のブラックジャックと比べプレイヤーに有利なルールも多い。最初のベットを大きくしなくても、ついているときには大勝ちできる要素があるのにたいし、スプリットやバイで掛け金が膨れ上がり一気に負けるケースもあり、荒波のあるダイナミックなゲームルール。

・通常3枚目を引く際にだけできるバイ(ダブル)が、4枚目、5枚目を引く際にもできる。1つのハンドで3回までバイができる。

・通常ブラックジャックではバイをした後に引けるカードは1枚のみだが、PAGCORのポンツーンでは合計値が22を超えない限り何枚でも引ける。

・通常はプレイヤーそれぞれのハンドに2枚づつ、ディーラーに1枚、カードが配り終えた直後のみ、サレンダー(ビジネス)として、チップの半分だけを回収し、ゲームを降りることができるが、PAGCORのポンツーンでは、3枚目、4枚目を引いた後などいつでもサレンダーができる。また親の手札が絵札やAでなくてもサレンダーできる。

・親の手札がAの場合、サレンダーできない。取れる手段は、インシュランス、カード、ステイのみ。

・スプリットはペアの時だけ。(10とJや、JとQなどの組み合わせの際にはスプリットはできない)

・ペアベットの配当は10倍。

・スプリット後のペアベットは無し。


SOLAIREやRESORTS WORLDのポンツーンの主な特徴

PAGCORのポンツーンと比較すると、10のカードが無いこと以外は、通常のブラックジャックに近いルール。

・ダブル(バイ)は1回だけで、引けるカードは1枚だけ。また2枚のカードの合計が10か11のときのみダブルが可能。

・プレイヤーそれぞれのハンドに2枚づつ、ディーラーに1枚、カードが配り終えた直後のみ、サレンダー可。

・ペアベットの配当は11倍

・スプリット後のペアベット有り。


いかがでしょうか?特にPAGCOR系カジノのポンツーンのルールは興味深くないですか?10のカードがない分、親が7以上のカードで、自身の手札2枚の合計値が15、16でもカードを引くといった、多少アグレッシブなムーブも可能になってきます。また、親のカードが(2、3、)4、5、6の際に、自身の手札2枚の合計値が12でも、ダブル(バイ)をするというムーブも、全く無しではない戦略となりえます。(確率論的にはナシですが・・・)

ブログ管理人の遊び方としては、アグレッシブなムーブができるぐらいに最初のベットは絞ってプレイしています。ついているときは最初のベットを大きくしなくても、スプリットや3回までのバイで大きくふくれあがりますので、むしろ最初に大きく張って、バイが怖くて出来ないということを避けています。

プレイヤーにとって判断する要素がたくさんあるぶん、ダイナミックに遊ぶことができるのがポンツーン(とくにPAGCOR系のポンツーン)の面白さです。ぜひ一度トライしてみてください。

 ブログランキングに参加中
 1日1回クリックで応援!
    ↓↓

 にほんブログ村 小遣いブログ 世界のカジノへ
 にほんブログ村

ガイド・アテンド承ります
プレイ金額に応じたポイントバックのある会員カードの作り方から、このカジノ固有のゲームルールの説明、ポイントを効率よく貯めたり、会員レベルのアップグレードするためのお手伝い、確率論、ジンクス含めた勝つため、楽しむためのアドバイスなど、カジノを最大限楽しんでいただくためのガイド・アテンド承っています。
1グループ1日(1~4名まで10時間程度まで)5000ペソです。ただ、お一人だったりちょっと覗きたいだけだと割高だと思います。空いているときは格安で承ることもあります。私のコンドミニアムへの宿泊、観光ガイドや夜のアテンドも対応可。まずはお問合せください。
お問合せは・・・ philcasinomanila@gmail.com

プロフィール
管理人:ハジメ
海外生活8年、フィリピン在住5年、もうすぐ40歳の日本人です。ポーカープレイヤー活動のかたわらガイドをしています。
夜遊び、観光等のフィリピンでのガイドご依頼、お待ちしてます。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
バナーエリア
ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ マニラ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピンナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
フィリピン パラダイス ランキング

おすすめリンク
マニラ アンヘレス プエルトガレラのホテル比較・まとめ 最安値

当ブログ全記事リスト
管理画面
最新記事
キーワード(タグ)

マニラカジノクラップスポーカーテキサスホールデムフィリピンゴーゴーバーEDZEN両替リゾーツワールドビキニ水着高級KTVジャンケットフィリピーナ美女ポーカー留学ポーカー修行スクール滞在TANABEグルメマラテエルミタテキーラ裏技レディースドリンク相場SOLAIREポンツーンソレアブラックジャックスーパー6バカラベルグランデシティオブドリームズ戦略プロ勝利リゾートワールドマニラRWMローリングチップアンヘレス音楽モカガールズ食事アフターマッサージ温泉ランドスペシャルスパ競馬夜遊びKTVハウスエッジ控除率ペア勝率プロモーションキャンペーンリゾートミンドロ島プエルトガレララスベガス映画クラブディスコナンパテクニックblackjackpontoon比較マキシマムリゾートワールドレートresortsworldミニマムヘリテージ日本食ライブMIDASマイダスポイントゴールドカード会員ハイアットウェンシャSUPER6ルールマニラベイリゾートソーシャルメディアFacebookアルゼmanilaダンサーブルーウェーブソフィテルパビリオン

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR